最近面白いMMOがないので、IT関連しか書くことがありません・。・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
お久しぶりなえありんです(´・ω・`)

今回は、IPv6の話。

名古屋へ引っ越してNTT西日本のフレッツ光(光プレミアム)を導入しました。
PCはWindows7なのでIPv6 Readyなのですが、どうもIPv6アクセスできない模様。

いろいろと調べたところ、tomocha.netに詳しい記事を発見!
>フレッツ光プレミアムは、Next Generation Network (NGN、次世代ネットワーク) の試験環境でもあり
なるほど、試験環境をそのままユーザ環境に下ろしたわけか。

>光プレミアムからは、IPv6が基盤に使われ、NTT網~CTUの区間がIPsecがベースとなり接続されている。
>光プレミアムの地域IP網内では全てIPv6化を行い、その上にIPSecを用いISPとの接続を行いる。
>その為、今までのPPPoEとは異なり、CTUに割り当てられるIPv4はIPSecにより、端末へ割り当てられている。
>CTUがIPv4<->IPv6 Translatorとして動作し、あたかもv4でアクセス出来るように見える。
変な言い方だけど「IPv4 over IPv6 IPSec」ってわけね。
だからipconfigでみたときに端末にグローバルIPv6アドレスが付与されてるんだけど、IPv4アクセスになるわけか。
で、この端末に付与されたIPv6アドレスは何なのかというと、光TV用のIPv6らしい。
どういう認証方式かしらないけど、光TV用のSTBへの通信はIPv6オンリーの模様。


>このCTUとは、NTT西日本独自の仕様となる。
>これは、日立製作所及び住友エレクトロニクスが開発した2種類のCTUが存在し、
>NTT西日本が用意したルータに相当する物となる。このCTUには直接加入者がログインすることが出来ず、
>NTT局舎側に用意されたCTU設定サーバへログインし、
>CTU設定サーバ経由で加入者宅に設置されたCTUへ設定を流し込む形となる。
これ契約したての頃、まぢでハマった。
もともとNTT東エリアのOCNでバイトしてたときは、お客さんが希望しない限りVDSL装置しかレンタルされなかったから、そのままはずせると思ってたら外せないし、アクセスしようと思ったらアクセスできないし。


こんな感じでぐるぐる調べてたら、「OCN IPv6」なるオプションを発見しますた!
詳細はこちら→http://www.ocn.ne.jp/ipv6/service/index.html

8月まで無料ってことで契約してみた。方法はとっても簡単で、OCNのマイページからポチるだけ。
ただしマイページへの開通は済ませておく必要がある。

契約してからのトラブった話(現在進行形)はまた今度に。
スポンサーサイト
2012.06.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://eanikki.blog49.fc2.com/tb.php/140-4ff67627
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。